88歳地面師の「なりすまし」手口

アベノミクスに便乗。都内一等地の空き家を狙うワルどもが、「住基カード」で大化け。

2014年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

詐欺の世界もやはり高齢化社会なのか――88歳の地主を装った白髭のご老体「地面師」が、“冥途の土産”の一稼ぎを見破られ、あえなく足がついた。「地面師」とは不動産業界に巣食うワルたちのこと。土地所有者の知らない間に、運転免許証など本人確認できるものを偽造し、本人になりすまして印鑑証明や住民票などを取得、土地を売り飛ばす連中である。ひとりではできない。なりすましの実行犯は、むしろカネで雇われたダミーで、その後ろの黒幕が不動産仲介業者、カネで動く弁護士や司法書士、書類の偽造屋などを操っている。そんな地面師グループが、「アベノミクス」効果による不動産バブルに便乗、都内一等地の空き家を狙って各所を荒らしまわっている。その手口や重複している人脈を考えれば、同一犯といっていい。本誌が確認できただけでも3カ所で犯罪が仕掛けられ、2件が既遂で1件が未遂。皮肉なこと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。