ドイツ「大連立」で競争力低下懸念

メルケルがSPDに譲歩。前首相の改革を後退させる連立合意書に、産業界は失望隠さず。

2014年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、シュレーダー前政権の改革プログラム「アゲンダ2010」を後退させた――。185ページの連立合意書は、このことを強く感じさせる。昨年暮れに発足したキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)と社会民主党(SPD)の大連立政権は、ドイツ経済に利益をもたらしたアゲンダ2010を単純に継続するのではなく、国富の再配分へ向けて大きく舵を切った。メルケルの路線変更は、合意書の冒頭の次の文章にはっきり表れている。「連立政権は、老若男女、東西ドイツの全ての人々が幸福な生活を送り、我々の国がさらに繁栄を続けることを目指す」(傍点筆者)。メルケルの苦悩はこの「全ての人々」という言葉に凝縮されている。連立合意書は、ゲアハルト・シュレーダー前首相が断行した社会保障支出の削減を、逆戻りさせる施策に満ちている。たとえば来年から時給8.5ユーロ(1ユーロ=140 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。