「安倍カルト」に老風見鶏の戒め

2014年2月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

新春早々、世にも奇天烈な光景だった。95歳の「大勲位」中曽根康弘と87歳のナベツネという“怪物”老人の対談が放映されたのだ。問題は二人の年齢ではない。かつて「国家主義者」と言われた政界風見鶏が「今年は我慢の年になる」と安倍政権の行方を憂え、「多少は我慢しつつ夏にはよくなる」と擁護する読売新聞の渡邊恒雄主筆より厳しかった。集団的自衛権の憲法解釈変更でも「よほど必要がなければ簡単に手をかける問題ではない」とずっとリベラルで、主筆をやんわり諌めたのである。靖国参拝以来、潮目が変わった。私情を自制できない「安倍カルト政権」の慢心に、95歳翁のほうがバランスに腐心している。渡邊主筆との古い仲を思えば、この同床異夢は大きい。観客が「宇宙酔い」になるという3D映画『ゼロ・グラビティ』を見た。冒頭からカメラがカットを挟まず、長まわしで旋回しながら、切れ目なく三人 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。