安倍暴走に「脱原発」刺客! 恐るべき「小泉劇場」

「脱原発」の旗印に小泉だけでなく穏健な保守層や文化人が結集。天地安寧を祈る皇室の思いを忖度したとの見方も。

2014年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

2月9日投開票の東京都知事選が風雲急を告げてきた。細川護熙元首相が出馬を表明。一時は舛添要一元厚生労働相に主要政党が相乗りする「談合選挙」になりかけたが、ここにきて構図は一変した。脱原発が焦点となる首都決戦は、この国の方向性を変える可能性がある。「今の政治状況に大きな不安を持っている。勝ち負けは関係ない。落選してもいいからやる」。細川氏は周囲にこう決意を示した。かかりつけの医師からは「ここ5年は健康面での不安はない」とのお墨付き。佳代子夫人からも「最後のご奉公」と背中を押された。1998年に政界引退して約15年。今回の出馬を巡り、周囲には「晩節を汚す」と慎重論もあった。それでも76歳の細川氏を駆り立てたのは、二つの理由があったからだろう。

「脱原発」で知識人結集か

一つは原発政策やエネルギー問題への危機感だ。「核のごみの問題を解決できないままに(原発を再稼働して)つけを回 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。