「米国嫌い」ウィキリークスが「TPP内部文書」を暴露

2014年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する日米など12カ国は12月に、シンガポールで閣僚会合を開き、「年内妥結」に向けてぎりぎりの折衝を続けた。その最中、内部告発サイト「ウィキリークス」は、ある交渉参加国の内部文書を暴露。参加各国の交渉担当者に衝撃を与えた。暴露された文書は、11月に米国のソルトレークシティーで開かれた首席交渉官会合の結果を踏まえ、「ある国」が交渉内容をまとめた資料とみられる。同文書は、米国が早期妥結に向けて「圧力をかけている」とし、知的財産分野では「議長(米国)が“妥協点”を示したが、米国の立場からの解決策になっている」と批判。投資分野では米国が「投資家・国家間の紛争解決条項」に関して踏み込んだ提案を行い、日米以外の10カ国全てが反対したにもかかわらず「米国は柔軟性を示していない」、金融サービス分野でも「米国は柔軟性を全く示して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。