細川「乱入」で舛添には踏み絵

「脱原発」を掲げ「殿様」元首相が出馬。「本命」は自民に詫びを入れ、すり寄った。

2014年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

徳洲会からの疑惑の5千万円で塀の中に落ちそうな“アマチュア”知事、猪瀬直樹の辞職に伴う東京都知事選挙。2月9日の投開票に向け各党、各候補が年初から大乱戦を演じている。「ゾンビもゾンビ、大ゾンビの登場だ」――1月9日、朝日新聞朝刊1面で細川護煕元首相(76)が「候補に浮上」と報じられ、自民党のある議員はショックを隠さなかった。本誌前号に載せた「『死に体』猪瀬の後釜もゾンビ」の記事が、誰しも脳裏をよぎったろう。名門細川家の嫡流で、熊本県知事を務め、93~94年に非自民8党派の政権を率いた知名度に加え、「脱原発」を掲げて何とあの小泉純一郎元首相と連携するという。「脱原発」への転向で安倍政権にダメージを与えたライオン丸が、14日の細川との会談で全面的な支援を確約、自民党の一部の議員にまで支持が広がるかも――自民党には悪夢のシナリオだ。

「安倍嫌い組」がおだて?

なぜ細川元首相は出馬する気に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。