消費税増税で成長「急ブレーキ」

補正抜きで実質0・1%マイナスと高橋教授が予測。追加補正でやっと0・9%。アベノミクスに水を差すヘマ。

2014年2月号 BUSINESS [14年度落ち込み深刻]

  • はてなブックマークに追加

4月から消費税率が5%から8%に増税される。2014年度の景気は、13年度より当然悪くなると予想される。 13年度は、アベノミクス効果でGDP(国内総生産)の実質伸び率(成長率)で2%が確保され、その上に消費税増税前の駆け込み需要が加わり、実質2.6%、名目2.5%の成長となるだろう。14年度については、政府の14年度経済見通しでは実質1.3%、名目で3.3%と、かなり楽観的な数字になっているが、民間エコノミスト41人の予測をまとめたESPフォーキャスト調査によると、成長率の平均は実質0.8%、名目2.3%である。 これに対し、筆者は実質▲0.1~0.9%、名目1.9~2.9%と、13年度より実質1.7%以上低下すると見ている。幅を持たせているのは、補正を含む財政政策いかんによるからだ。アベノミクス「第一の矢」の金融政策の効果は14年度も維持されるので、実質2%がベースとなり、駆け込み需要の反動減 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。