オバマケア「大失態」で政権失速

トラブル続きの新医療保険制度。11月中間選挙を前に、国民は民主党に不信の目。

2014年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

昨年10月、バラク・オバマ米大統領の推進する新医療保険制度の登録が開始された。が、加入のための政府のウェブサイトがシステムトラブルで機能せず大混乱となり、政権の看板政策である医療保険制度改革法(オバマケア)が与党民主党の災厄になる可能性がでてきた。1月1日、新制度での保険の適用が一部始まったが、米国民は複雑でわかりにくいオバマケアの仕組みに不信を強めている。サイトのバグは年末に改善されたものの、米国民が政府の欠陥サイトをイライラしながらクリックし続ける様子は、お笑い芸人の恰好のネタになった。また、数百万人の医療保険が一方的に解約されたため「既存の保険契約は影響を受けない」とした民主党の約束は反故にされた形になり、オバマ大統領の人気はかってない水準まで落ち込んだ。

登録サイトでエラー続出

民主党は、こうした不備を急いで直さなければ今年11月の中間選挙でツケを払わされ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。