近藤誠「がん放置療法」に果たし状

100万部突破の超ベストセラーを粉砕する論客登場。「がんもどき」が不利に見えるが……。

2014年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

がんは早期治療がいいのか、放っておいて構わないのか——。真っ向から対立する考え方が大論争を呼んでいる。 「がん放置療法」を掲げる近藤誠医師の『医者に殺されない47の心得』が2013年度のべストセラー第2位にランクされた。だが、100万部突破のこの本を「間違いだらけ」と非難する長尾和宏医師の『「医療否定本」に殺されないための48の真実』が昨年8月に上梓され、週刊誌やネット上でバトルに発展、2人の戦いはいまだに続いている。近藤誠は慶応義塾大学医学部放射線科講師。米国留学から帰国後、1988年に乳がんの乳房温存療法を唱える論文を発表。当時当たり前だった乳房全摘出を「犯罪」と批判、日本医療界にたった1人の反乱を起こした。その後、「がんの早期発見・早期治療は意味がない」「がんは切らずに治る」「抗がん剤は効かない」と新説を唱え、がん治療全体を否定し始める。著作は『患者よ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。