新疆「公安襲撃」やまない連鎖

「天安門突入」後の厳戒下で1カ月半に3件。圧政へのウイグル人の怒りは臨界点だ。

2014年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

新疆ウイグル自治区で、公安当局とウイグル人の衝突が止まらない。2013年12月30日午前6時半頃、新疆自治区莎車県で新たな流血事件が発生。中国メディアの報道によれば、9人の武装グループが同県の公安局(警察署)を襲撃し、爆発物を投げ込んだり公安車両に放火するなどした。警官隊が銃で応戦して8人を射殺、1人を逮捕。グループが所持していた25個の爆発物や9つの刃物を押収した。この事件について、新疆自治区の公安当局は「組織的かつ計画的なテロ襲撃」と断定。9人は過激な宗教思想に染まり、テロ集団を結成して資金集めや爆発物の実験をしていたという。だが新疆の実態を知っていれば、当局発の情報を鵜呑みにする者はいないだろう。ドイツに本拠を置く亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」は直ちに声明を出し、「中国当局は法的手続きを無視してウイグル人を射殺し、反テロの名の下に正当化し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。