「赤ちゃん取り違え訴訟」のバカ判決

病院側の取り違えで母子家庭の子となった60歳男性の悲劇。慰謝料3千万円とは、裁判官もどうかしている。

2014年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

6年間育てた息子は、病院で取り違えられた他人の子だった――。こんな宣伝文句でヒット中の映画「そして父になる」のはるか上を行く、現実の悲劇が裁判で明らかになった。原告の男性は還暦近くなって取り違えが分かり、しかも本来の家庭は裕福で、育った母子家庭とあまりにも違っていた。裁判所は取り違えた病院に慰謝料3千万円の支払いを命じたが、こんな額であがなえるのだろうか。2013年11月26日の東京地裁判決によると、原告の鈴木一郎さん(仮名)は1953年3月、東京都墨田区の賛育会病院で生まれ、13分後に同じ病院で生まれた佐藤和夫さん(仮名)と取り違えられた。佐藤家の四男となった一郎さんは2歳で父親を亡くし、その後は生活保護費を受給する母子家庭で育つ。家電製品が何一つない6畳のアパートに母子4人(三男は早逝)が身を寄せ合って生活していたという。一郎さんは兄2人と同様、中卒後す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。