馬毛島の強欲亡者が「捕らぬ狸」

綱渡りの地主に匙投げた防衛省。FCLPに鹿児島県下の別の2島が急浮上している。

2014年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「もう、あの島は諦めるしかないのかもしれない。これ以上交渉しても、時間を浪費するばかりだ」。ある防衛省幹部の表情は冴えない。嘆息混じりに漏らす「あの島」とは、鹿児島県種子島沖の馬毛島のことだ。1980年代に平和相互銀行のスキャンダルの舞台となって以来、この島をめぐって30年近く所有者と国が攻防を繰り広げている。何度もメディアで報じられたが、防衛省のみならず、首相官邸まで神経を尖らせているのは、この島が日米間で長らく政治問題となっているFCLP(空母艦載機離着陸訓練)の有力候補地だからだ。

オバマに言質取られて

日米間の政治問題の「一丁目一番地」が米軍普天間基地の辺野古移転だとすれば、「一丁目二番地」はFCLPの候補地問題なのだ。しかも、来春に予定されるバラク・オバマ米大統領の来日までにある程度のロードマップを示さねばならない。すでに先の日米首脳会談でオバマ大統領から、FCL ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。