トップダウンで改革断行[パネルディスカッション]

シュレーダー改革は単なるアメリカ追随ではない。その驚くべき包括性と徹底性を、日本の「改革」派第一線の3人と分析した白熱の討論。

2014年1月号 POLITICS [シュレーダー前ドイツ首相講演と討論会]

  • はてなブックマークに追加

八代 最初にシュレーダー改革と日本の改革との関係についてお話ししようと思います。首相就任時の1998年、ドイツは非常に高い失業率に悩んでいたわけです。東西ドイツ統合の影響もかなりあったわけですが、労働法制は雇用を守ることに重点が置かれていて、流動性の乏しい労働市場でした。シュレーダー政権の改革は、まず失業給付の改革です。「要求と支援」(fordern und fördern)――失業者にきちっと働くことを要求するとともに、必要な支援を与えることを打ち出したわけです。実は日本でも同じような試みが第一次安倍内閣で行われ、例えば生活保護の対象者を、働けない高齢者と働ける非高齢者に分けて、後者に徹底した職業訓練を与えるという案もありましたが、実現に至りませんでした。

「雇用改革」日独で実現性に差

二番目には連邦雇用庁(日本の職業安定局)を改革し、地方自治体との連携とか、民間の人材サービスを活用して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。