「減反」で見せ場なし、評判ガタ落ち林農水相

2014年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本中の農家を揺るがしながらコメの減反廃止を決めた安倍政権――。メディアが半世紀ぶりの農政大改革と騒ぐ中、先頭に立つべき林芳正農林水産相(52)の影が薄い。官邸の言いなり、官僚ペーパーを読み上げるだけで見せ場はゼロ。「将来の首相」と持て囃されたのがウソのようだ。今回の焦点になったのは、民主党政権(当時)が導入したコメ農家への減反補助金カット問題。官邸サイドは、減反に従う農家すべてに水田10アールにつき1万5千円支払うこの補助金を3分の1に減額、さらに支給対象を選別しようと目論んだ。官邸周辺からのリーク情報に乗せられたマスコミは「大規模農家に補助金集中」と一斉に書き立てた。こうした思惑先行の報道はよくある話。問題は、林農水相が10月29日の定例記者会見で「小規模農家を含めて全農家を支払い対象とするのは適切でない」と報道を追認してしまったことだ。大規模農 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。