シャープは日経「特ダネ」常習犯

まるで「オオカミ少年」。ウソっぽく怪しいハナシを書くマスコミはどうかしている。

2014年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

11月下旬、シャープが米ヒューレット・パッカード(HP)と提携する記事が、日経新聞などに載った。シャープがHPに複写機をOEM供給することを検討しているという内容だが、取引金融機関幹部は「ほとんど実現性がない」と切り捨てる。2012年末、当時シャープ会長だった片山幹雄が訪米し、米半導体大手のクアルコムから約100億円の出資を受ける交渉をまとめた。その際、HPを訪れ、複写機のOEM供給を打診、HPも検討することを約束した。だから日経の記事はまんざらウソではない。が、納入しようとしている複写機はA3判の紙にカラー印刷ができるタイプ。同じような製品をキヤノンがHPにOEM供給しているため「キヤノンを押しのけてシャープが納入できるはずがない」と、件(くだん)の銀行幹部は苦り切る。

性懲りもないマスコミ

シャープの複写機については、13年夏に、こんなハナシが経済メディアに流れた。シャープが同事業を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。