脱原発「時の人」二人の意気投合

2014年1月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ハノーファーの暗鬱な冬空から日本の明るい青空の下に飛んできて、晴れ晴れした気分になったのだろう。本誌主催の講演で来日したシュレーダー前ドイツ首相(69)は、いきなり「散歩しようか」と言いだしてSPを慌てさせた。最初に大使館で会ったのは旧知の小泉純一郎元首相(71)。2002年W杯サッカー決勝戦でドイツ応援のため、サミット会場のカナダから東京まで、日本の首相専用機に同乗して飛来して以来、「ライオン丸」とはウマが合う。ランチは例によって「小泉劇場」。03年に返礼でバイロイトに招待され、ワグナーのオペラ「タンホイザー」を観たことが忘れられないという小泉氏が、「私は間違った」と意表を突く言葉。シュレーダー政権がドイツの「2022年原発ゼロ」を決めたことを承知の上で、「日本の原発推進は誤りだった」と転向の弁をぶつ。シュレーダー側近は「過ちをああまで率直に認める政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。