「電通関与」に目をつぶる警視庁

本誌に2年遅れて家宅捜索。だが、単なる詐欺容疑で「LED循環取引」はネコまたぎ。

2014年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

本誌が「電通『LED循環取引』の全貌」という見出しで、広告業界最大手、電通100%子会社の電通ワークスに発生した不可解な取引を記事にしたのは、1年半前の12年5月号だった。その2号前にも電通ワークスの躓きを報じている。その時、電通と電通ワークスは、「現在、警察に相談しており刑事告訴の予定。回答は控えさせていただく」(広報担当者)ということで、説明は得られなかったが、警察の手に委ねられたのは事実だった。警視庁組織犯罪対策4課は11月8日、捜査に着手、LED開発会社のワールドワイドエンジニアリング(WWE)など関係数十カ所を家宅捜索した。「詐欺、津田悦資ほか5名」と捜査令状には書かれていた。本誌が指摘したのは、電通ワークスが中小企業の事業支援会社ウェルバーグから、LED照明約77万本、約120億円の一括発注を受け、それをWWEに約114億円で発注するという業界の常識ではありえ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。