「政左経右」習近平のジレンマ

三中全会“サプライズ”で大胆な改革が示されたが「政治は左、経済は右」のどっちつかず。成果は期待薄だ。

2014年1月号 GLOBAL [三中全会の改革本気度]

  • はてなブックマークに追加

2013年11月9日から12日まで開催された中国共産党の三中全会(中央委員会第三回全体会議)。同年3月に正式発足した習近平(シージンピン)(国家主席兼党総書記)政権の具体的な政策方針が示される初の重要会議とあって、世界のチャイナ・ウォッチャーや市場関係者が注目した。中国の経済成長と社会秩序の安定を維持すべく、新政権がどこまで改革に踏み込むかが焦点だった。そんななか、12日午後に発表されたコミュニケは失望を誘った。「改革の全面深化」を謳いながら総花的かつ方向感が乏しく、ウォッチャーの多くが改革後退のシグナルと受け止めたのだ。これに敏感に反応したのが株式市場。翌13日の上海総合指数は一時2%急落し、外国人投資家が取引できる香港市場の中国企業株(H株)指数は3%近く値を下げた。

「改革司令塔」は劉鶴か李克強か

ところがサプライズが起きた。11月15日夕刻、三中全会で採択された決議の全文が突如発 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。