財務省に噛みつく「建設業界のドン」

「親方日の丸」の日建連会長(鹿島の中村社長)が財政当局に盾突くとは。前代未聞!

2014年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「財務省がまとめたレポートに、ゼネコンや国土交通省が激高している。東京オリンピック誘致に成功し、100兆円規模の公共投資を目論む国土強靱化法の審議の最中に『公共工事を減らせ』と冷や水を浴びせた。浮かれる安倍政権に、野放図な財政出動を諌めるカウンターパンチだった」(財務省OB)官庁街の話題をさらったのは「社会資本整備を巡る現状と課題」と題するレポート。10月21日の財政制度等審議会に、財務省主計局が提出した。40ページに及ぶレポートは、過去20年間に「ダムが313カ所から567カ所に増加」、「高規格幹線道路が5281キロから10490キロに延長」などとデータを並べ立て、「社会資本ストックは平成以降急速に累積し、近年においても増加を続けている」と断じた。その上で、総務省の「労働力調査」をもとに、建設業就業者はピーク時に比べ2割ダウンの500万人まで落ち込み、29歳以下が1割 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。