「津賀パナ」黒字転換に陥穽

米国ファンドが1650億円でヘルスケアを買収。だが、転売先に中国の影? 数千万人のカルテがダダ漏れか。

2014年1月号 COVER STORY [ヘルスケア売却ぬか喜び]

  • はてなブックマークに追加

「経営の神様」松下幸之助の偶像は三度死ぬ――一度目は中村(邦夫)改革、二度目は大坪文雄の大型投資(プラズマと三洋電機買収)の失敗、三度目は黒字転換の功を逸る現社長、津賀一宏によって、パナソニックは地獄を見る。12月9日午後4時16分、麻生太郎財務相は、首相官邸に緊急アポをとり、安倍晋三首相のもとに駆けつけた。手にしていた1枚のペーパーの表題は「パナソニック ヘルスケア事案」。パナソニックは9月27日、完全子会社のパナソニック ヘルスケア(PHC)の全株を1650億円で米国のファンド、KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ・アンド・カンパニーLP)に売却することで合意したと発表した。14年3月にKKRが設立する特別目的会社(SPC)を共同持株会社として、PHC株の80%をKKR、20%をパナが持ち、両社が共同パートナーになると謳っている。だが、リリースにはKKRが取得するのは「知財等 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。