「一人一票」最高裁判決に自民タカ派の難敵

「婚外子」違憲決定で猛反発。一人一票が違憲判決なら、パンドラの箱が開いて政治の「茶会」化も。

2013年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

10月23日、最高裁大法廷で昨年12月の衆院選の無効を求める「一人一票」(一票の格差)訴訟の弁論が開かれた。各地の高裁に提訴された17の訴訟のうち2カ所で「違憲無効」、13カ所で「違憲違法」の判決が出ている。最高裁は100日以上の時間をかけて審理しているが、どう判断するか。本誌は8月号で泉德治元最高裁判事にインタビューし、いつまでも違憲状態を放置する国会に対して「最高裁の怒りは頂点に達している」状況を伝えた。その一方で、主に自民党の中に、司法との対決姿勢を見せる国会議員も多くなってきた。政治と司法の対立はどうなるのか。「正妻の子と愛人の子を同じにしていいのか!」10月29日、自民党法務部会は激しいやりとりの応酬になった。最高裁大法廷が9月4日に下した婚外子相続差別違憲決定。法律婚の夫婦の子どもの相続分に対し、婚外子は半分と規定されている民法900条4号但書(た ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。