「論客」新浪と三木谷は月とスッポン

産業競争力会議で岩盤規制に切り込む論客コンビ。ビジネス優先の「利益誘導」批判も。

2013年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三政権の成長戦略作り「秋の陣」では、大きな発言力で政府に圧力をかけ続けた産業競争力会議メンバーの新浪剛史・ローソン最高経営責任者(CEO)と、三木谷浩史・楽天会長兼社長の評価が割れている。2人の主張は、楽天エース、田中将大投手並みの剛速球が目立ち、軋轢を招いたが、岩盤規制を突破するため、政府が2人との連携プレーに期待している面もあった。しかし、自社ビジネスを超え、大局的に物事を見渡す資質については、三木谷氏に疑問符が付いた形である。

効果絶大だった新浪発言

10月末から11月初めにかけ、安倍首相が重視する成長戦略を巡り、ヤマ場が訪れた。まず、日本のコメ政策を決定づけてきた生産調整(減反)にレッドカードが突き付けられたのは、10月24日の産業競争力会議(議長・安倍首相)の農業分科会だった。政府は1970年以来、コメの生産量を決めて抑制し、コメ価格を維持する減反政策を続けて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。