リニア新幹線の独断と不採算

危惧する声を封じ込めて突進中だが、足元から「ペイしない」と仰天発言。結局は国費ツケ回しになるのか。

2013年12月号 COVER STORY [JR東海が「政商」化]

  • はてなブックマークに追加

夢には夢のまま眠らせてしまった方がいいものがある。実現性や合理性に乏しいまやかしの夢は、時に国民的災厄となりかねないからだ。東海旅客鉄道(JR東海)が来年度にも本格着工するリニア中央新幹線がまさにそれである。時速500キロで東京-名古屋間を40分、東京―大阪間を67分で結び、建設費はJR東海が自前負担。先行開業の東京-名古屋間で5兆4千億円、東京-大阪間で9兆300億円を投じるという、民間企業では世界に例を見ない規模だ。世界で唯一の超電導リニア方式を採用し、将来は海外展開も――と夢はどこまでも広がる。だが、果たして本当にバラ色の未来が開けるのか。鉄道関係者たちがぎょっとした。JR東海の山田佳臣社長が9月、「リニアは絶対にペイしない」と発言、翌月には「リニアだけでは採算はとれない。新幹線と一体運用をして会社をパンクさせずにやっていく」と繰り返したのだ。“パンク” ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。