「反社融資」みずほ首脳の目は節穴

たび重なる文書報告−−。暴力団関係者が拝む「オリコ様」。組員本人はともかく妻子はどうなるか。

2013年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

暴力団組員など反社会的勢力への融資問題が発覚した、みずほ銀行。塚本隆史会長(63)=退任=と佐藤康博頭取(61)は文書による報告を見落としたと報じられたが、問題の融資に関する文書報告は2010年以降、少なくとも塚本氏に6回、佐藤氏に5回も繰り返されていた。塚本氏はみずほフィナンシャルグループ(FG)会長にとどまり、佐藤氏は頭取とFG社長を続けるが、詳しく経緯をたどり責任の取り方を検証した。

初チェックで「200件超」

第三者委員会の調査結果や関係者の話によると、問題の融資は、オリエントコーポレーション(オリコ)を保証会社とする販売提携ローンで繰り返された。暴力団関係者は「ベンツやレクサスなど高級車のローンが多いようだ」と明かす。提携ローンはみずほの前身の一つ、第一勧業銀行が1997年から始めた。オリコの加盟店で車などのローン購入を申し込むと、オリコが審査し、通れば、みずほ銀行(BK ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。