「優等生」JPモルガンに罰金の嵐

空前の1.3兆円だけではない。自己勘定規制に抵抗したダイモン叩きは、政府も自家撞着。

2013年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

10月12日のワシントンDC。金融ロビイング団体である国際金融協会(IIF)が開催した年次総会では、週末だというのに記者がぎっしり詰めかけていた。お目当ては銀行経営のパネルに参加していた米銀最大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン会長兼最高経営責任者(CEO)である。司会役の女性テレビキャスターが要領の得ない質問を繰り返したこともあるが、壇上のダイモンは終始ご機嫌斜め。憮然とした表情であった。それもそのはず、前日の11日に発表した7~9月決算では、ダイモンが経営トップに就任した2005年以来、初の赤字決算に転落していたからだ。銀行としても04年以来となった赤字決算の原因は、72億ドルの訴訟関連費用を損失計上したためだ。10月下旬に米政府と暫定合意した罰金など130億ドル(約1兆3千億円)の一部を予め引き当てたのだ。単独企業へのペナルティーとしては過去最大。リ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。