サーベラスvs小佐野隆正の「最終章」

55%の株を握る米系ファンドから、喧嘩腰で株買い戻しを画策。「呉越同舟」どこまで。

2013年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

国際興業をめぐる暗闘劇が新たな局面を迎えそうだ。9年前に経営参加した米国系投資ファンド「サーベラス」と、社長の座に居座る創業一族の小佐野隆正氏(55)――。12月末に予定される臨時株主総会に向け、長年対立してきた両者が「出口」を意識して、水面下で激しく火花を散らしている。ロッキード疑獄における主役の一人であり、「政商」との異名もとった故小佐野賢治氏が一代で築き上げた国際興業は、乗合バス事業を土台にホテル業などへ拡大。傘下の京やグループを通じハワイにも進出し、「シェラトン・ワイキキ」など高級ホテル複数を所有するに至った。が、1986年に賢治氏が死去し、バブルも弾けると、膨大な借金がのしかかってきた。賢治氏の弟2人が社長を継いだあと、甥にあたる隆正氏が社長に就任したのは2001年2月のことだった。大口債務者の最終処理が佳境を迎えていた04年、国際興業はメーン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。