JR東がJR北海道「救済スキーム」

「救済合併」を視野に北海道の経営陣を刷新。実権を握った東日本が道新幹線を運行。

2013年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

レールの幅の異常を放置して列車を脱線させ、非常ブレーキや信号は頻繁に故障する。特急列車が床から火を噴くのは日常茶飯事。運転士が覚醒剤を常習し、ミスを隠すため自動列車停止装置(ATS)をハンマーで叩き壊す――。JR北海道の不祥事が止まらない。11月には、新たにレール異常値の改ざん疑惑も浮上した。JR東日本の保守点検部門の管理職が1年間、JR北に派遣されているが、1年程度の指導では焼け石に水だろう。安全に回せる人と資金が、圧倒的に足りないからだ。JR北全駅の1日の利用者数は35万9千人と、JR渋谷駅(同41万2千人)1駅にも満たない。全路線約2500キロのうち、採算が取れているのは小樽―札幌などわずか1割強。冬の積雪による線路や車両の傷みはJR他社より激しく、施設や車両の修繕費もかさむ。古い列車を高速で長距離走らせ、予備の車両も少ない。耐用年数に達した線路や機材、車両も延命 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。