徳洲会マネーで汚れた「環境派」元代議士

徳田ファミリーを刺した前事務総長に横領容疑。疑惑の支出に民主党人脈が見え隠れする。

2013年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ケンカ両成敗なのだろう。日本最大の医療法人「徳洲会」で始まった内紛は、徳田虎雄前理事長ファミリーの公職選挙法違反容疑事件として始まり、次に能宗克行前事務総長の業務上横領容疑事件に発展した。この事件は、虎雄が難病を発症して以降、「医療」と「政治」の全権を握った能宗の背任横領を疑ったファミリーが、帳簿類を徹底調査の末、疑惑があったとして「能宗切り」を行ったところから始まっている。しかしファミリーは緒戦で負けた。マスコミ人脈を有し、ケンカのやり方を知っている能宗が、先に東京地検特捜部に駆け込んだことで、虎雄・秀子夫妻と二男の毅代議士、それに長女
と二女が、公選法違反容疑の被疑者となった。ただ、本誌が前号で書いたように、能宗も無傷ではいられない。ファミリーもまた、警視庁捜査2課に「能宗資料」を一切合切持ち込んで刑事告訴、受理されて捜査の流れになっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。