「お台場カジノ」主役は里見セガサミー

三井不動産、鹿島、フジテレビが仕掛ける「カジノ特区」。安倍首相の有力支援者がカギ握る。

2013年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「東京オリンピック」開催決定の興奮冷めやらぬ9月16日――。産業競争力会議の国家戦略特区ワーキンググループで、「東京臨海副都心(台場エリア)における国際観光拠点の整備~エンターテイメント・リゾート戦略特区~(非公表)」なる提案のヒアリングが行われていた。オリンピック競技場に近い台場エリアにカジノを含む統合型リゾート(Integrated Resort=IR)をつくる「カジノ特区」を提案したのは、三井不動産、鹿島建設、日本財団、そしてフジテレビだった。複合商業施設「ダイバーシティ東京」や「船の科学館」といった台場の観光資源を運営する企業が、「お台場カジノ」を訴えたこの日、ホテルオークラ東京でもカジノへの道を拓く祝宴が催されていた。セガサミーホールディングスのオーナー・里見治会長兼社長(71)の次女と経産省キャリアの結婚披露宴に、安倍晋三首相が新婦側主賓として登場し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。