「ドン」死して戸田建設に火種

オーナーの順之助氏が亡くなり、創業一族の監査役と生え抜き社長が主導権争い。株式の相続を巡りお家騒動も。

2013年12月号 BUSINESS [一人息子は「廃嫡」]

  • はてなブックマークに追加

10月9日、戸田建設の戸田順之助元会長が老衰のため94歳で亡くなった。順之助氏は創業家の二代目、戸田利兵衛氏の長男で、戸田建設の社長、会長を46年間務めた実力者。会長退任後も名誉会長として君臨。事実上の経営トップとして戸田建設の経営を差配してきた。だが昨年暮れ、老衰のために都内の病院に入院。認知症の発症などにより、事実上、経営判断ができなくなっていたという。戸田家では今年6月12日に順之助氏の弟の戸田守二元社長が90歳で死去しており、半年足らずのうちに創業家の実力者2人が相次いで亡くなったことになる。奇しくも順之助氏の妻の洋子さんも今年夏に亡くなっている。亡くなる前の順之助氏の様子を関係者はこう話す。「ご高齢で、認知症もあったので、弟と妻の死は順之助氏に知らされなかったそうです。弟さんに続いて奥さん、そしてご本人が次々に亡くなられた。因縁を感じます ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。