「食材偽装」が関西財界人事を直撃

関経連会長候補の角阪急阪神HD社長はイメージ台無し。住友電工の松本社長が本命に。

2013年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

系列のホテルやレストランなどでメニュー表示と異なる食材を使っていた食材偽装問題で、「偽装ではなく誤表示」という歴史に残る「迷言」を置き土産に、阪急阪神ホテルズ(大阪市)の出崎弘社長が11月1日付で辞任した。食材偽装の余波は他の有名ホテルや大手百貨店などにも及び「みんなで渡れば怖くない」とばかりに「ゴメンナサイ」の記者会見が連日のように日本中で開かれている。出崎氏は問題発覚後に初めて開いた10月24日の記者会見で謝罪する一方、「誤表示だった」と繰り返し、「利益を得ようとして欺いたのではない。チェックの甘さ、知識の不足、連携不足が原因」と主張した。だが、浪速のブン屋はそれで納得するようなタマではない。元従業員たちから様々な証言を引っ張り出して突き上げ、戦線は拡大する一方。結局10月28日夜、大阪市内で記者会見し、「故意に欺く意図はなかったが、当社 を信 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。