メルケルが激怒「携帯盗聴」の発端

裏切られた新「鉄の女」。イラク侵攻の是非で芽生えた米国の「怨念」が尾を引く。

2013年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米国の国家安全保障局(NSA)による盗聴問題で、米独関係は氷河期を迎えた。「友好国に対するスパイ行為は絶対に受け入れられない」。ドイツのアンゲラ・メルケル首相は10月末、NSAが彼女の携帯電話を11年間にわたり盗聴していた疑いが強まった時、こう言って米国を糾弾した。メルケルの怒りの激しさは、彼女が外交儀礼を破ったことに現れている。首相はギド・ヴェスターヴェレ外相に命じ、米国のドイツ駐在大使を外務省に呼びつけて抗議させた。ドイツ政府が米国大使を外務省に「出頭」させて抗議したのは初めて。最も重要な友好国の一つで、北大西洋条約機構(NATO)の盟主でもある米国に対して、ドイツが通常取る態度ではない。メルケルがバラク・オバマ大統領に直接電話で「抗議」したことを公表したのも異例だ。

甘かったドイツ諜報機関

今年6月に米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデンがNSAのグローバル盗 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。