「ディオバン失墜」武田薬品に棚ボタ

激戦区の降圧剤市場で凹んだノバルティス。いちばん得したのは武田薬品の「アジルバ」。

2013年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

臨床研究の不正論文問題で散
々、叩かれてボコボコに凹んだノバルティスファーマの高血圧治療薬ディオバン(バルサルタン)の穴を埋めるかのように、武田薬品が昨春発売したアジルバ(アジルサルタン)が順調に売り上げを伸ばしている。ディオバンは一時、1千億円を超える年間売上高を誇ったが、一連の不正論文問題で今夏以降、全国各地の複数の医療機関で、購入ボイコットや他剤への投与変更が起こり、そのダメージは「おそらく100億円は下らない」(医薬品卸)とされる。一方、アジルバは昨年5月に登場したばかりの「新米」にもかかわらず、急速に臨床現場の支持を得て13年4~9月の半年で売上高80億円(同社決算ベース)を達成、年間通期では100億円どころか、200億円突破も射程に入る。「ディオバンからアジルバの切り替えも結構ある」(前出)というから、ディオバン問題が、武田にとって、思わぬ「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。