吠える小泉「脱原発」の裏

進次郎を政務官に抜擢したのに元首相のラッパは鳴りやまない。「誰のおかげで総理になったと思っているんだ!」

2013年12月号 POLITICS [恩知らずの安倍総理]

  • はてなブックマークに追加

飯島勲内閣官房参与の携帯電話が鳴った。「記事を読ませていただきました。これだけはっきりモノが言えるのは、飯島さんしかいません。ありがとうございます」声の主は安倍晋三首相。翌日店頭に並ぶ「週刊文春10月24日号」のトップ記事をいち早く入手し一読した直後だった。見開き4ページで、黒抜きの大見出しは、「小泉純一郎元総理『原発ゼロ宣言』に物申す!――「実現なき理想では……」35年仕えた秘書官が直言」小泉氏の議員引退と共に完全に袂を分かった飯島氏は現在、安倍首相のアドバイザーである。最敬礼に近い謝辞を受けたのは他でもない。小泉「原発ゼロ宣言」が8月26日付毎日新聞コラムで世の知るところとなってから1カ月半、安倍官邸は静観・黙殺を決め込んだが、小泉ライオンは9月24日東京で90分、10月1日名古屋で60分と講演で気炎を上げ、同16日千葉県木更津市ではとうとうテレビカメラを前 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。