新疆圧政が招いた「天安門突入」

実行犯は公安に射殺されたウイグル人の親族。当局は「テロ組織関与」と断定し抑圧。

2013年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

10月28日正午過ぎ、北京の天安門前の長安街を走行していた新疆ナンバーの四輪駆動車が突然急ハンドルを切り、観光客らでごったがえす歩道に突入。天安門と歩道の間にかかる金水橋の欄干に激突し、炎上した。この突入事件で四駆に乗っていた3人と巻き添えになった観光客2人が死亡、日本人1人を含む38人が負傷する惨事になった。首都の象徴である天安門前で大きな炎が上がる様子は、多数の観光客や市民のカメラ付き携帯電話で撮影され、微博(ウエイボー)(中国版ツイッター)などを通じてたちまち拡散。国内外に衝撃が走った。中国当局は国内メディアに報道統制をかけ、ネット上の写真の削除に躍起になったが後の祭りである。翌29日、我々香港の中国人権民主化運動情報センターは、事件が共産党の圧政に反発したウイグル人の「自爆テロ」であり、四駆の3人のうち少なくとも1人が6月に新疆ウイグル自治区 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。