「市場と対話不能」馬脚を現す黒田日銀

2013年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

毎年4月、10月の2回、日銀は景気や物価の見通しを示す「展望リポート」を公表し、市場との対話に努めてきた。しかし、今年3月の黒田東彦総裁の就任でその性格は変質し、日銀が物価2%上昇の祈りを捧げる「願望」リポートと化した。10月31日、黒田は展望リポートを決定した政策決定会合後、定例の記者会見に臨んだ。「2%の物価安定目標の実現に向け、十分順調に道筋をたどっていける」と語る姿は、長期国債を大量に買い入れる「異次元金融緩和」に陶酔し、まるで「自己催眠」にかかっているかに見えた。なぜなら、市場関係者のほとんどが「2年で物価上昇2%」という黒田の目標達成を信じていないからだ。日本経済研究センターが有力エコノミストの予測を集計した調査によると、2015年度の消費者物価上昇率(CPI、生鮮食品と消費税増税効果を除く)は平均0.93%。黒田が展望リポートで示した1.9%に比べ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。