みずほより「深刻」なゴールドマン

「反社」と新聞は騒ぐが、証券監視委が内偵中の外資系証券の過剰接待の方が罪は深い。

2013年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

みずほ銀行の暴力団融資問題は、元頭取西堀利がその事実を知りながら2年間放置していたとして、現みずほ銀行頭取、佐藤康博が10月8日、緊急記者会見を開くに至った。朝日、読売などの社会部記者は、TBSドラマ『半沢直樹』で片岡愛之助が演じた黒崎駿一検査官ばりに「どんどん追い込んでいきますわよ」と攻めたてる。反社会的勢力と知りながらの融資はやはり問題だろう。みずほ銀行をかばう気はさらさらないが、グループの信販会社オリエント・コーポレーションと提携した自動車ローンなどで総額2億円そこそこであることもまた事実。しかも融資に利益供与のような悪質さはない。管理責任はあるものの、佐藤の進退云々を取り沙汰するような問題とは思えない。むしろ浮かびあがってきたのは、この程度で「反社」の印籠をふりかざす金融当局の強権ではないのか。

金融庁の現場が突き上げ

9月27日の金融庁の発表に佐藤自身、夜回り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。