「あぶく銭」ソーシャルゲームの終焉

グリー、DeNAは事業縮小へ。ユーザー軽視の強欲な手法が自らの首を絞めた。

2013年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

2007年に産声を上げ、今や5千億円規模まで市場が拡大したソーシャルゲーム業界。「日本の産業史上まれにみる高速成長」(複数の業界幹部)を遂げ、の上場企業と億万長者を生み出してきたが、業界を代表するグリーが急失速し、いよいよ宴が終焉しようとしている。グリーは10月2日、初の希望退職実施を発表した。募集規模は単体従業員1762名の1割強に当たる200名程度。単体で700名程度いる管理部門が主な対象となる。グリーは13年4~6月期に初の最終赤字を計上。「あり得ない規模」(グリー陣営の開発会社幹部)に膨らんだ無形固定資産を減損処理したためで、事業計画のずさんさが露呈した格好だ。ここに来て、肝心の売り上げも伸び悩んだことから、人員のスリム化に踏み切ったとみられる。

ユーザー軽視のツケ

敗因はまさしく、「グリード(強欲)」な運営手法にある。04年2月のサービス誕生時はビジネスパーソン向けのSNS ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。