米・イラン対話で探る「日本モデル」

「シリア」を機にロシアが道をつけた落としどころは、IAEA査察とウラン濃縮容認か。

2013年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「ヘンリーがここにいないのはとても残念だ」9月19日、筆者も参加したヴァルダイ会議(各国のロシア専門家やジャーナリストを集めて毎年、ロシアで開かれる国際会議)でウラジーミル・プーチン大統領が発した一言。ヘンリーとはほかでもない、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官のことだ。第10回記念だった今年のヴァルダイ会議では、海外から招待したゲストをプーチン大統領と並んで登壇させる特別セッションが企画された。登壇したのはフランソワ・フィヨン仏前首相、ロマーノ・プローディ伊元首相、フォルカー・リューエ独元国防相、そしてドミトリー・サイムス米Center for National Interest(シンクタンクで前ニクソン・センター)代表の4人。実は、プーチンと10回以上も会談しているキッシンジャーも招待されていたのだが、代わりに参加したのがサイムスだった。

「不在」ヘンリーの助言

ソ連科学アカデミー付属米 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。