国を救い党を「ぶっ壊した」風雲児

高コスト国家ドイツを鍛え直し、自己のビジョンを信じて、改革を断行したシュレーダーの素顔。

2013年11月号 POLITICS [シュレーダー改革 第二弾]

  • はてなブックマークに追加

1998年から2005年までドイツ連邦政府の首相だったゲアハルト・シュレーダー(69)は、特筆すべき政治家である。その理由は、構造改革プログラム「アゲンダ2010」を実行し、「欧州の病人」と呼ばれていた国を、「欧州の優等生」として甦らせたからである。彼は失業保険、公的年金、公的健保制度のサービスを減らして国民の自己負担を増やすとともに、派遣労働、小企業での解雇についての規制を次々に緩和するなど、ドイツで19世紀に社会保障制度が導入されてから、最大規模の改革を行った。シュレーダー改革は、今日産業界や経済学者から「ユーロ危機にもかかわらず、ドイツ経済が好調である理由の一つ」として絶賛されている。しかし首相在任中、シュレーダーは「社会的弱者の側に立つという社会民主党(SPD)の伝統から逸脱した」として、党内左派や市民の反発を招き、05年に任期半ばで首相を辞任した ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。