「創価学会のドン」は死なず

脳梗塞で倒れた池田大作名誉会長が職務に復帰。11月18日の「総本部」竣工祝賀に安倍首相を招き、復活をアピール?

2013年11月号 DEEP [次期会長に正木理事長]

  • はてなブックマークに追加

創価学会に政変の予兆が漂っている。3年前の5月を最後に公の場から姿を消していた池田大作名誉会長(85)がここにきて復活、影響力を行使し始めた。それに伴い次期会長レースの形勢が逆転しつつあるという。最大のヤマ場と目される「11・18」に向け、巨大宗教団体が揺れている。東京・信濃町の学会ムラに先頃、「総本部」がその威容を現した。現在、内装関係などの準備作業が進む。大成建設始めスーパーゼネコン5社揃い踏みのJV(建設共同企業体)によって工事が着手されたのは2年前。いよいよその落成を迎えるのが、学会の創立記念日でもある11月18日だ。総本部は高さ30m・地上7階建て。20m以上掘り下げた地下は3層構造。延べ床面積2万1300㎡に及び、3階には1400人収容の大礼拝室を備える。そこには当時、学会が蜜月関係にあった日蓮正宗(宗門)の64世法主・日昇から1951年に授与された常住本尊が安置 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。