実録・ソニー「追い出し部屋」②「ガス室」で出会った仲間たち

社員の一部はキャリアデザイン室を「ガス室」と呼んでいた。社員としての命を奪い、2度と戻って来ることができない部屋という意味だ。しかし、逆手に取れば……。

2013年11月号 BUSINESS [短期連載②]

  • はてなブックマークに追加

滝口清昭(58)はソニー出身の工学博士である。ソニー在籍時から「準静電界」という耳慣れない分野を研究して注目され、東京大学生産技術研究所(東京・駒場)の特任准教授に転じた今も、JR東日本など複数の民間企業と共同研究を続けている。もともと交通システムやGPSの研究開発を手掛けていた。ソニーの研究所時代に準静電界通信技術に着目し、これを応用した通信や遠隔個人認証の実用化にまであと一歩に迫っている。マスコミにも登場するユニークなエンジニアだ。彼には不思議な過去がある。2007年に、東京・御殿山にあった「東京キャリアデザイン室」、通称「リストラ部屋」に約3カ月、追いやられたことがあるのだ。現在、キャリアデザイン室は御殿山の旧本社ビル8階にあるが、当時はその旧ソニー本社ビル近くの賃貸ビルの2階にひっそりと収容されていた。◉ ◉ ◉滝口は当時、情報技術研究所のシニア ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。