SBI「期末益出し」韓国ルート

看板を替えても「現代スイスの二の舞い」。益出しに使った韓国上場子会社へどこが融資。

2013年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

韓国でまた一つ、規模が小さいとはいえ、財閥グループが破綻に追い込まれた。破綻したのは東洋グループ。資産規模は日本円で1千億円にも満たず、「トップ30」クラスの財閥ではないが、その破綻が韓国社会を揺るがせている。なぜか? 東洋グループ傘下の東洋証券がグループ破綻の事実を知りながら、社債やCP(コマーシャルペーパー)を個人投資家たちに売りまくっていたからだ。トラの子の資金で買った社債、CPが紙屑になりかねない個人投資家の怒りは収まらない。リーマン・ショック後に韓国を見舞った通貨危機の教訓から、投資家保護を目的に設立された金融消費者保護院には、抗議が殺到しているという。朴瑾恵大統領自ら金融監督院に直接、厳正な処置をするよう指示するほどの騒ぎになっている。

楽観できぬ「貯蓄銀行」

この弱小財閥の破綻には、韓国経済、ことに韓国の金融の脆弱性、構造的な問題が凝縮されている。破綻 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。