悪い奴ほどよく眠る薄「終身刑」判決

収賄が3億円余の薄熙来は、意外にクリーン? 判決文の細部に浮かぶ党と軍のより深い暗部。

2013年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

9月22日、山東省済南市中級人民法院(地裁に相当)は薄熙来(ボーシーライ)に無期懲役を言い渡した。中国共産党にとって過去30年で最大のスキャンダルとされる「薄熙来事件」に幕が引かれた瞬間だ。山東省高級人民法院(高裁に相当)は薄の上訴を受理したが(編集部注=中国は二審制)、失脚した党幹部の裁判は政治的な見せ物。判決が覆ることはあり得ない。無期懲役という量刑は予想より重いとの見方もある。だが、死刑でない限り、さしたる違いではない。むしろ筆者が興味を引かれたのは、裁判の過程で断片的に明らかにされた事件のディテールだった。公表された判決文によれば、薄の罪状は総額約2045万元(約3億2700万円)の収賄、大連市政府の公金約5百万元(約8千万円)の横領、妻の谷開来(グーカイライ)による英国人ビジネスマン毒殺事件に関わる職権濫用の三つ。うち収賄については、フランス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。