「米政府閉鎖」のチキンゲーム

FRBはQE縮小を見送り、オバマ政権も半身不随。共和党の徹底抗戦で、出口なき迷走はいつまで。

2013年11月号 BUSINESS [アベノミクスに突風]

  • はてなブックマークに追加

「10月。株に投資するには最も危険な月の一つだ」。米国の作家マーク・トウェインの有名な警句である。1987年10月19日には今も語り継がれるブラックマンデー(世界同時株安)があった。リーマン・ショック翌月の2008年10月にも、世界の株価は底抜けの恐怖に直面していた。そして今年10月は米連邦政府の債務上限の引き上げをめぐる大統領と議会のチキンゲームに、世界の市場が翻弄されている。オクトーバー・アノマリー(10月の特異現象)と恨み言のひとつも言いたくなった市場参加者も少なくあるまい。特に日本では安倍晋三首相が1日に消費税引き上げを最終決断すると同時に、5兆円の経済対策を発表したことから、秋相場に期待する向きも多かったはずだ。その足元がよもや米国からの突風で掘り崩されてしまうとは。米国内だって同じはずだ。9月末までは、共和党のベイナー下院議長がオバマ大統領の手打 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。