「天下り」経産官僚が潰す「商品先物市場」

2013年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍政権は消費税増税にかこつけて、復興特別法人税の廃止など大規模な企業減税を断行する。演出した経済産業省は世論の批判など馬耳東風。官邸に送り込んだ政務、事務の両秘書官が首相・安倍晋三を操りながら、ライバルの財務省を睥睨(へいげい)する。ブチ上げるだけでなく、省益を損なう政策にはダンマリを決め込む。その悪質な「不作為」により、日本の商品先物取引市場が存亡の危機に直面している。経産省が所管する東京商品取引所(東商取)は、金や原油からトウモロコシに至るまで、商品先物取引を国内で独占している。旧通産省時代から経産省の有力な「植民地」であり、現在も代表執行役社長に江崎格(元産業政策局長、元商工中金理事長)、同専務に高橋英樹(元政策評価審議官)が天下っている。しかし、その経営能力には大きな疑問符が付く。2008年の株式会社化以降、東商取の単体決算は毎年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。