読売「五輪号外」800万部大盤振る舞いの舞台裏

2013年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

東京五輪開催が決まった9月8日、新聞各社は号外を出したが、読売新聞は公称部数の8割強に当たる800万部超を「全戸配布」した。東京開催は日本時間午前5時頃に決まったが、同日は日曜日で夕刊がなく、その上翌9日が新聞休刊日で朝刊がないため、号外を出した新聞社が多かったが、読売の対応は突出していた。読売の号外は16ページフルカラー。およそ半分が記事、写真などで、残りを広告が占めた。ライバルの朝日新聞や毎日新聞は4ページ程度の号外30万~40万部を大都市中心に街頭で配布しただけ。地方紙では新潟日報が公称部数の4割強に当たる二十数万部を各戸配布したものの、ほとんどの新聞は街頭での配布にとどまった。こうした読売の対応について、他紙からは「販売店に対する読売の統率力はさすがだ」とうらやむ声や、「こういう時にしっかり配られると、読者を取られる」と懸念する声が上がった。し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。