「ポスト米倉」日立の老人、川村の迷い

安倍政権につきしたがうような「政高財低」。18人もいる副会長の中に折り紙つきの会長候補がいない人材難。

2013年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

まさに「政高財低」である。2020年の東京オリンピックを引き寄せ、8%への消費税率上げを決めた安倍政権は、久々の長期政権になるに違いない。高い支持率を背に、安倍晋三首相(59)は自信たっぷりである。今や存在感がある政党は自民党のほかは共産党ぐらい。オリンピック招致成功などの幸運も重なったが、安倍政権の基盤は強まるばかりだ。それに比べ財界の足元は覚束ない。財界3団体の一角、日本商工会議所の会頭に新日鉄住金相談役の三村明夫(72)が11月に就き、パワーアップするが、「財界総理」の日本経団連会長、米倉弘昌(76)に対する政財界の評判はさっぱりだ。「米倉さんが親しい政府要人なんているんですか」と、自民党筋は冷笑する。一方、民主党寄りと見られていた経済同友会代表幹事の長谷川閑史(67)に、安倍政権は全幅の信頼を寄せてはいない。

熾烈な副会長ポスト争い

成長戦略といえば規制緩和、TPP(環 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。