大阪府が「困窮介護老人」に救いの手

「サービス付き高齢者向け住宅」に生活保護受給者を入居させる苦肉の策。

2013年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

介護保険が施行されて今年で14年目。だが、高齢者や家族の不安は解消されていない。要介護度が重い人向けの特別養護老人ホーム(特養)には42万人もの待機者がおり、認知症向けのグループホームも供給不足。有料老人ホームは一時金が高額で手が届かない―――。こうした状況を解決する切り札として国土交通省が11年10月から始めたのが、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)である。自宅介護が難しくなった高齢者の受け皿となる新しいバリアフリー集合住宅。高齢者居住安定法による賃貸住宅で、居室には必ずトイレが整備され、従来の厚労省の施設より断然広い最低18㎡。訪問介護事業所やデイサービス(通所介護)の併設型が多く、介護も受けられる。押し寄せる都会の高齢化の波に「とにかく早く普及させねば」という国の焦りが、建設時の助成制度に見て取れる。1戸につき上限100万円の補助金。「税を私有 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。