「パソコン遠隔操作」逮捕は冤罪か

直接証拠はなく状況証拠も乏しい。誤認逮捕を繰り返し突き止めた「真犯人」は本物?

2013年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

警視庁などは昨年、パソコン(PC)がウイルスで遠隔操作されていたことを解明できず、犯罪予告のメールを送ったなどとして4人を誤認逮捕し、真犯人に「警察がお馬鹿だったので見事に嵌まった」とメールでコケにされた。今年2月には「真犯人」として男性を捕まえ、起訴されたものの、当初報じられた直接証拠はなく「恥の上塗り」となる可能性が出てきた。起訴されているのは、東京都江東区の派遣社員のプログラマー片山祐輔氏(31)。検察側の主張によると、昨年6月から9月にかけて、ウイルスを使って東京、神奈川、三重、大阪、福岡各都府県の男性計5人と愛知県の会社のPCを遠隔操作し、①横浜市の小学校襲撃、②大阪市の商店街での無差別殺人、③日航機爆破、④東京のイベント会場での大量殺人、⑤子役女優の殺害、⑥東京の幼稚園襲撃、⑦ドコモショップ襲撃、⑧伊勢神宮爆破、⑨AKB48襲撃の9件の犯罪予告をメー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。